文化財を後世に

1月26日は文化財防火デーです。昭和24年の1月26日に法隆寺金堂壁画が焼損したのを契機に、毎年文化財防火運動が展開されています。

今年の桐生市における文化財防火訓練は本日午前、広沢町の法楽寺で行われました。法楽寺には、市指定重要文化財に指定されている法楽寺御正体(三尊)が収蔵されており、室町時代初期の所産と推測される貴重な文化財となっています。

昨年は沖縄県の首里城が火災により焼失したニュースに、日本中が悲しみに包まれました。桐生市は戦災を受けていないことから、群馬内の文化財の約1/3が集中している地域です。先人から受け継がれた文化財を自分たちの代で絶やさないため、その価値をしっかり認識するとともに、もしもの時に備えた訓練がたいへん重要だと感じています。

本日の訓練では消防隊の訓練以外にも、法楽寺の皆様による初期消化訓練も行われ、火災の際の初期消化の手順が確認されました。法楽寺の皆様、桐生市消防の皆様、消防団の皆様、教育委員会の皆様、地域の皆様、たいへんお疲れ様でした。